GショットはGスポットを隆起させ、男性器との密着度を高める不感症治療です。

女性器の整形のなかでもとくに人気の高いのがGショットです。これは膣のなかの、いわゆるGスポットにヒアルロン酸を注入して隆起させる施術です。

G-Shot®M-Shot®は当院の登録商標です。本文中は「Gショット」「Mショット」と記載します。

Gスポットとは、内性器のなかでもとくに神経が集中している部位で、ここに触れることで女性はじんわりと深く強い快感を得ることができます。

通常、Gスポットは膣口から指を入れると、第2関節を45度くらい折り曲げて触れられる位置にありますが、恥骨が普通よりも立っている人の場合は75度くらい折り曲げないと触れられないこともあります。

この角度にあると、正常位のセックスではGスポットに男性器があたらないので、体位を工夫しないと女性は気持ちよさ感じられません。

それに気がつかず正常位のセックスを続けていると、女性はセックスの楽しさや喜びを見いだすことができずに、セックスや男性が嫌いになってしまったり、不感症ではないかという悩みにつながったりします。

Gスポットが通常の位置にある女性も、膣を隆起させて狭くするとGスポットと男性器の密着度が高まるので、セックスの快感がより得られるようになります。さらに膣を狭くすることで締めつけが強くなるため、男性の快感も高まります。

施術はGスポットの位置を探して、局所麻酔をしたらヒアルロン酸を注入します。施術時間は約5分、病院滞在時間も30分あれば十分です。

1回の施術でも驚くほどの効果が得られますが、Gスポット以外にも打ったり、間隔を空けずに続けて打つこともできるので、膣内全体をぼこぼこと隆起させて狭くしたり、施術の数日後に再びおこない、さらに大きく隆起させることも可能です。

膣の奥の方に打つときは専用の器具で膣口を広げて打ちますが、手前の方に打つときは広げる器具を使わずにそのまま注入します。奥の方に打つと性感帯が広がるので女性の感度が高まり、手前の方に打つと膣の入り口が狭くなるので男性の感度が高まります。

ただし、ヒアルロン酸は徐々に身体に吸収されるので、時間がたてば元に戻ってしまいます。半年の効果でよいならばショート、5年ならロングとバージョンを選択できますが、その期間以上に効果を持続させたい場合にはリピートをする必要があります。

とはいえ、性交渉をしたときの反応や快感が大きく変わることから、まだヒアルロン酸が残っている状態でさらに注射を打ちに来たり、別の部位に打ちに来る方もいます。

ヒアルロン酸は栄養分として吸収されるものなので、身体に影響はありませんし、注射針も非常に細いので傷跡は目立ちませんから、繰り返し施術をおこなっても安心です。

また、おまけの効果として尿漏れの改善が報告されています。膣を隆起させることで尿道も締まるようになり、立ち上がった瞬間やくしゃみをしたときに尿漏れをしなくなったという喜びの声も届いています。


> 当院オリジナル施術「Mショット」は、感度UPと名器整形を同時に行う「Gショット」をベースにした女性器整形です。